過去のさまざまな時代の音楽をピリオド楽器(時代楽器)演奏で楽しむ

サイト案内

このサイトは、過去のさまざまな時代の音楽をピリオド楽器(時代楽器)演奏で楽しむ、といった趣旨で、2004年9月3日に開設したサイトです(それぞれの ページについてはページ案内を参照ください)。2006年11月より、大幅にサイトデザインを変更し、古楽情報誌「アントレ」の紹介と索引を中心したサイトに刷新しました。

管理人は、ピリオド楽器による演奏が好きな、京都在住の音楽愛好家。サイトのタイトルは「ピリオド楽器演奏の…」としていますが、管理人は声楽がとても好きなので、器楽だけではなく声楽も扱っています。また、このページのタイトル「過去のさまざまな時代の音楽をピリオド楽器(時代楽器)演奏で楽しむ」のように、ルネサンス音楽やバロック音楽だけでなく、過去のすべての時代の作品を扱います。

ピリオド楽器period instrumentsとは、「その時代の」楽器のことで、これに補足して説明すれば、「演奏する作品の時代の趣味にあった」楽器ということができるでしょう。ピリオド楽器という称は、日本では比較的近年のもので、ふつうは、古楽器early instrumentsオリジナル楽器original instruments歴史的楽器historical instrumentsと称されることが多いようです。かつて欧米では真正な楽器authentic instrumentsという称も用いられていましたが、あまり見かけなくなりました。ピリオド楽器については、『古楽の復活』(東京書籍)などを参照ください。

このサイトのタイトルも「古楽器演奏の楽しみ」あるいは「古楽演奏の楽しみ」でも良かったのですが、そこのところは管理人の好みです。

このサイトの上部背景に使用したのは以下の天井画の部分です。

クリスティアン4世の宮廷音楽家A ceiling painting in the Rosenburg Castle, Copenhagen, showing musicians of the court of Christian the 4th of Denmark.

人物名についてはすべて敬称を略しました。

サイト名auditusとはラテン語で「聴覚」のことです。

ページ案内

ホーム[1]
新着情報やサイト案内などを掲載しています。
アントレ紹介[2]
古楽情報誌「アントレ」について紹介しています。
アントレ索引[3]
インタビューに登場した演奏家・団体の索引、年次別にまとめた目次索引です。
[インタビュー索引]
[あ行][か行][さ行][た行][な行][は行][ま行][や行][ら行][わ行]
目次索引=
[2017年 No.285〜][2016年 No.275〜][2015年 No.265〜]
[2014年 No.255〜][2013年 No.245〜][2012年 No.235〜][2011年 No.225〜]
[2010年 No.215〜][2009年 No.205〜][2008年 No.195〜][2007年 No.185〜]
[2006年 No.175〜][2005年 No.165〜][2004年 No.155〜][2003年 No.145〜]
[2002年 No.135〜][2001年 No.125〜][2000年 No.115〜][1999年 No.105〜]
[1998年 No.095〜][1997年 No.085〜][1996年 No.075〜][1995年 No.065〜]
[1994年 No.055〜][1993年 No.045〜][1992年 No.035〜][1991年 No.025〜]
[1990年 No.013〜][1989年 No.010〜][1988年 No.005〜][1987年 No.001〜]
リンク[4]
ピリオド楽器演奏をより楽しむためのリンク集です。
[海外の演奏家・演奏団体]
ブログ[5]
管理人がときどき記録する日記です。
コンタクト[9]
当サイトへのコンタクト・フォームがあります。

ナビゲーション

主要なページへはアクセスキーを利用してジャンプできます。[ ]内の英数字がアクセスキーです。たとえば[0]は、すべてのページ共通で、ページトップに戻るアクセスキーになっています。

Windowsでの使用方法は、「Alt」キー+「英数字」キーでリンクのマークアップ部分に移動し、「Enter」キーでリンク先へ移動します。(以上はInternet Explorer 5/5.5/6の場合。ブラウザによっては「Alt」キー+「英数字」キーでリンク先へ移動します。アクセスキーに対応してないブラウザもあります。)

Macでは「Control」キー+「英数字」キーでリンク先へ移動します。(アクセスキーに対応してないブラウザもあります。

なお、リンク先のページは、サイト内であれ、サイト外であれ、すべて同じウィンドウで開きます。リンク先のページを、新しいウィンドウで開きたいときは、下記のいずれかの操作でそれが可能です。

Internet Explorer(IE)では、リンクを「右クリック」で表示されるメニューから、「新しいウィンドウで開く」を選択する。あるいは、リンクを「シフト」を押しながら「クリック」。他のブラウザでも、「右クリック」で、IEと同じようなメニューが表示されるので、それを選びます。

タブ・ブラウザで、新しいタブで開くには、「右クリック」で表示されるメニューから、「新しいタブで開く」を選択すると、リンク先のページが、新しいタブで表示されます。

サイト内リンク


アントレ紹介[2]
アントレ索引[3]
リンク[4]
ブログ[5]
コンタクト[9]
※[ ]の数字はアクセスキー。使い方はナビゲーションを参照ください。